自己処理派の私。つるつるどころか、ブツブツに……

私の剛毛の悩みは、遡ること約20年も前から。

小学校2年生くらいで自分が毛深いということを自覚しはじめ、幼いながらに悩みの種でした。

どのくらい濃かったかと言うと、当時同世代の男子の2倍くらい…。小2なので男子ですらつるつるの子も多かったあの頃。そんな中で私がいたので皆からしても珍しかったのでしょう。たまにからかわれることもありました。

特に体育の時間は悲惨なものでした。半袖になるし、夏はプールもあるし、毛深い私が体育の授業を受けると必ず公開処刑が…!悪ガキ男子は「毛虫ー」などとからかうし、本当に恥ずかしかったです。

そんなことがきっかけで、私は小2から剃刀で全身を剃るようになりました。当時は今のように高性能な剃刀やシェーバーはなく、父親の髭剃りで剃っていました。

頻度で言うと2日に1回くらいですかね。

そんな生活を続けていたもので、「剃る」ということが習慣化されてしまい、肌への負担など一切考えず、惜しみなく剃刀の刃を肌に滑らせていました。

肌の異変を感じ始めたのは高校3年生くらいの時だったと思います。毛穴が盛り上がってしまったり赤くブツブツができたり、埋もれ毛でチクチクしたり…。

負担を考えずに自己処理していたことで、こんなに大きな代償が来るとは…と、かなり後悔しました。

夏に向けて各脱毛サロンが500円とかで脱毛キャンペーンをやっているのをよくCMや雑誌で見かけるので下関 脱毛みたいな所にいって、すべすべを目指してみようかなと思っています。

やはりプロに任せるのは安全かなと。多分肌もきれいになるでしょうしね!